体脂肪を間違いなくつける方法

体脂肪とは

体内、主に脂肪細胞に貯えられた脂肪。生命維持や身体活動するためのエネルギー源です。

摂取したエネルギーが消費を上回ったときに、余剰なエネルギーが生まれます。余剰エネルギーは筋肉にも蓄えられるが使われなかったり、筋肉にも蓄えられなかったエネルギーは脂肪に変換され体に貯蔵されます。

食べた物が体脂肪になるまでの過程

  • エネルギー摂取→身体活動により消費→±0 失敗
  • エネルギー摂取→身体活動により消費→まだエネルギー余ってる→筋肉・肝臓に貯蔵 失敗
  • 筋肉・肝臓に貯蔵のエネルギーを使って活動→±0 失敗
  • 筋肉・肝臓に貯蔵して余ってる→使わずに更にエネルギー摂取→余剰エネルギー→脂肪に変換 成功!

脂肪を体に溜め込むには沢山エネルギーを摂取し、各器官にも必要以上のエネルギーを供給しさらに蓄えたエネルギーを使わないようにしなければいけないんです…

失敗談

  • ケーキやスナック菓子、揚げ物など高カロリーな食べ物を摂取することができなかった。
  • 運動してエネルギーを消費してしまった。せっかく筋肉などに貯えた物を使ってしまった。
  • 清涼飲料水を飲み忘れてしまった。

まとめ

脂肪を貯えるために必要な努力は、必要エネルギー以上をしっかりと摂取する。その後は極力体を動かさずに、さらにエネルギー摂取をすること。

あとはこれを、継続しなければいけない。1〜2日この程度な行動をしても決して脂肪は付いてくれない。

関連記事

  1. 腸内環境と便秘が体つくりに及ぼす影響

  2. 美脚の為のスクワット方法

  3. 爆食いしながら、お腹に縦線をいれる方法

  4. スクワットをして脚が太くなる

  5. 今日の夜も飲みに行くけどダイエットしたい人集合

  6. ダイエットで最初にやるべき事