今日の夜も飲みに行くけどダイエットしたい人集合

こんにちは、studio kompasの山岸です。ダイエットしたい!!けど「今日も飲みに行くよ!」な「明日からダイエット組」の皆様に向けての記事です。

「ダイエット」は食事が重要。最近はこの認識も広がってきている印象です。(運動も見た目には大事)

わかってはいるんだけど、付き合いもあるし!

んまぁ…そうなんです。笑

僕自身も全く同じで、体つくり(モテるであろう体)を楽しみつつ、お酒も、ご飯も楽しみたいと思っております。

思っていると言うか、まさに実践しています。  ご飯や飲みのお誘いはよっぽどの予定がない限り寝る時間を削って参加したり、しなかったり。。。

そんなトレーナーの僕が実践している方法を、明日からダイエット組の皆さんに伝えていければと思います。


脂肪量の増減はエネルギー収支に依存する

これは今までの記事でも、書き続けてきている事ですが極論脂肪量の増減はエネルギー収支に依存します。

お酒を浴びるようにのんでも、その日一日でのカロリー収支がプラスに傾かなければ脂肪量は増加しないという事です。

逆を言えば、いくら栄養素にこだわった食事をしていても摂取量が多く、カロリー収支がプラスに傾けば脂肪量増加の可能性があると言う事です。


今日の夜は飲むぞ!の調整方法

ここからは実践的な方法をお伝えします。

  1. お酒の量は5杯までと決めます!!(十分楽しめる)
  2. 飲みに行く際どのような系統のお店か把握し、過不足が起こることが予想される栄養素を把握する。
  3. 過不足が把握できたら、朝・昼の時点で調整する。

いたってシンプル!!


昨日は結構のんでしまったな。の調整方法

まずは水分不足の状態が予想されるので、十分な水分を摂取する。

一気に飲むのではなく、こまめに!

飲んだ翌日は、体感として疲れを感じることがあると思います。

それだけ、体内では常に活動があったり、血中の栄養素のバランスが崩れているということですね。

  1. 食欲がなければ無理に食べない。
  2. 水分補給はこまめに。
  3. 空腹感を感じてから食事を摂る。

何が大切か

トレーナーも身体つくりをしながら、発散するところは発散しています。

無意識の期間を作らない事が重要です。

ダイエットを失敗する方の特徴は、継続できない事です! 1週間、2週間で体つくりができるなんて事はあり得ません。

たとえ失敗しても、ダイエットをするぞ!という意識を継続させることが成功につなげます。

継続できれば、体も変化してきて「楽しさ」も見出せると思います!

関連記事

  1. 体脂肪を間違いなくつける方法

  2. モデル体型へ5つのステップ

  3. ダイエットで最初にやるべき事

  4. 美脚の為のスクワット方法

  5. 痩せるにはスクワット!に疑問

  6. 夏の薄着に向けて行うべき算数