パーソナルトレーニング専門のプライベートジム

STUDIO KOMPAS
点で判断しない
2018年8月20日 3:07 PM
点で判断しない

「昨日ご飯頑張ったのに〜」

「昨日ランニングしたのに減ってない!」

「ラーメン食べちゃいました!」

こんなコメント達をよく聞きます。

 

そんな時決まって僕がいうことは「大丈夫ですよ〜」

大事なことは「点」じゃない


適当に「大丈夫ですよ〜」と言っているのではなく、本意です。決してうまくいっていないお客さんに対して取り敢えず言っているのではなく。笑

僕が体つくりで見ている事は「点」ではなく「線」だからです。

  • 昨日ご飯頑張った事
  • ランニングを行なった事
  • ラーメンを食べた事(ラーメン悪ではないです笑 僕も食べます!)

その点が体に及ぼす影響よりも、1週間・1ヶ月・3ヶ月・半年…のようにその期間をどのように過ごしてきているかの方が大事なのです。

 

点を見るよりも、その点に行き着くまでの線の方が大事という事。

言い換えれば、前提条件が大切という事なんです。


Aさん

1週間毎日10000歩歩くようにして、ご飯も揚げ物とか脂質の摂取をきにして過ごしたんだけれど、昨日だけ付き合いでラーメン食べちゃった!!(*_*)


Bさん

この1週間飲み会が連続していたのと、なかなか食べ物に気を使えなかった。

ちょこっとランニングしたけれど昨日ラーメン食べちゃった。。


 

同じ「昨日ラーメン食べちゃった」というよりも、一定期間どのように過ごしてきたかのの方が大切ということが理解していただけると思います。

 

 

食事も運動も瞬間風速では変わらない


いい食事をしようが、最高なトレーニングを行おうが瞬間風速で終わるなら、60点の食事と60点の運動を1ヶ月続けた方がよっぽど効果があります。

継続が必要な事ならば、運動も食事もいかに自然にライフスタイルに取り入れて楽しく続けるかが重要になってきますよね!

 

大丈夫ですよ〜


最初にも書いた通り、OOしたのに〜と言われた時に僕が決まっていう言葉。笑

この言葉に続くのは「その生活を続けることができれば!」

 

僕のトレーニングではいかに習慣の質を高めるかに重点を置いて、トレーニングセッションを進めています。

全ては習慣だと思っています。そのサポートをこれからも続けて行きます!


TOP